腎臓病や骨粗鬆症等は早めに治療を~健康スペシャルCARE~

doctor

STDの発見

医者

STDとも呼ばれる性病は、早期発見しないと治りにくくなってしまうこともあるものです。疑わしい場合は、なるべく早めに性病検査を受けて治療を行うことが大切です。東京などでは性病科や性病専門の病院も多いです。

Read More

腎臓を患う病気

機能が低下してしまうと人工透析を受けなくてはいけない腎臓病の症状は食事療法を早めに始めることにより防ぐことが出来ますよ。

腎臓病の種類

腕を上げる

腎臓病とは、腎臓の糸球体や尿細管が冒され、タンパク尿、血尿、むくみなどが起き腎臓の働き が悪くなる病気で進行すると尿毒症になることがあります。 腎臓病には、急性腎不全と慢性腎不全があり、急性腎不全の場合適切な治療で回復する可能性があります。 慢性腎不全の場合は、ゆっくりと時間をかけて進行してゆき腎臓の機能が少しづつ失われていきます。 急性腎不全の場合は、尿の出が悪くなったり全然出なかったりします。 慢性腎不全の場合は、腎機能が低下してくると夜間に尿の量が増えたりむくみや疲れやすくなったりします。 慢性腎臓病とは、慢性のすべての腎臓病をいいます。 糖尿病や高血圧、慢性腎炎などがあげられ誰もがかかる可能性がある病気です。

治療と予防

腎臓病にはさまざまな種類があり、たとえば急性腎不全の場合は、急速な腎機能の低下で.老廃物が処理 できない状態です。 治療には、まず食事療法があり、エネルギーを確保しつつ塩分やたんぱく質を制限します。 薬物療法では、利尿薬、降圧薬、抗生物質等が患者さんの症状に応じて使用されます。 高カリウム血症や水分の蓄積が改善されないときは、血液浄化療法を行います。 慢性腎不全では、腎臓の機能回復が困難なため、慢性腎不全の進行の予防や合併症の予防が目標と なります。 高血圧が続くようなら、脳卒中や心臓病などの原因にもなり薬物や食事療法以外にも生活を管理すること も必要になってきます。 薬物療法では、利尿薬や降圧薬、ステロイドなどで進行遅らせ合併症の予防に努めます。 食事療法では、カロリーを取りつつ、塩分、たんぱく質、カリウム制限などを行います。

危険を回避する方法

薬を持つ医者

骨粗鬆症治療では、カルシウムを中心とした成分の吸収がよくなるお薬が処方されています。大体、1ヶ月に1万5千円ほどは掛かる事になります。骨粗鬆症は、骨密度を測定し、自分でも予防としてお薬の服用などをしていく事ができます。

Read More

自律神経

親指をたてる

自律神経の異常から生じるとされるこの自律神経失調症は、医療機関において精神科医だけではなく、他の診療科との連携が重要となってきているもので、治療のためには様々な視点からの連携が欠かせなくなってきている病気です。

Read More